Vintage West German Glass Cabochon Marquise Ring #E-2075

「マーキス(Marquise)」とはフランス語で「侯爵」を意味します。
ルイ15世の寵妃として、またはフランスパンを考え出した女性とも知られるポンパドール夫人が侯爵の称号を受けたとき、パリで流行していたのが小舟のようなダイヤモンドでした。

そのマーキスシェイプのヴィンテージカボションをメインに、ルイ15世時代の家具に見られるリラックスした優雅でエレガントな曲線、「岩(ロカイユ)」や「貝殻」の装飾を意識してフレームをデザインいたしました。

ローズカラーのグラデーションとリーフ柄のカットが大変美しい旧西ドイツ製ヴィンテージグラスカボションを合わせました。

Material: ヴィンテージカボション/15×7mm、ガラス、1950年代ドイツ製
Quality: SILVER925 K18ゴールドメッキ
Size: #11
Weight: 3g